大学生が読むべき!「お金」を学べる王道の本を5つ紹介!

こんにちは、モリマチ@moirmachi3です!

 

  • お金の勉強ができる本を知りたい
  • やっぱり若いうちから勉強しておくべきかな?
  • お金に困ることなく生活していきたい

この悩みを解決する記事です。

 

実は、大学生はお金の勉強をしたほうがいいです。

 

なぜなら、若いうちからお金について知っておくことで、一時的ではなく、長期的にあなたの資産になっていくからです。

 

この記事では、前半に「大学生がお金の勉強をすべき理由」を、後半にお金の勉強ができる本を5つ紹介しています。

 

この記事を読めば、お金について詳しくなるだけでなく、お金に困ることなく生活していく方法を知ることができます。

大学生でお金に不安を持っている人はぜひご覧ください。




大学生のうちからお金の勉強をすべき理由

大学生のうちから勉強をすべき理由は、3つあります。

  • お金の知識は長期的な資産になるから
  • お金の知識を知れば、稼ぐ力も身につくから
  • 誰からも教えられることはないので、時間のある大学生のうちに勉強しておくべきだから

大学生でお金の勉強をすることで、「稼ぐ力」と「資産」を得ることができます

今更勉強しても遅くない?

もうすぐ社会に出る大学生だからこそ勉強していくべきです。

 

もし、目の前に「お金を得る絶好のチャンス」があるとします。

ただ、知識のない人間はそれを無駄にする、あるいは気づきもしないかも知れない・・・。

 

お金の知識を知らないままでは、損しか起きない人生になってしまいます。

 

「お金で損する人生」を送らないために、いくつか本をご紹介します。

気になったもの=人生を変えるきっかけです。

”人生を変えるきっかけ”見つけてみませんか?

【王道】大学生におすすめの「お金」の本を5つ紹介

大学生におすすめのお金の本1:金持ち父さん 貧乏父さん


「金持ち父さん、貧乏父さん」の著者はロバート・キヨサキという方です。

全世界で1000万部、日本国内でも100万部を突破し、51ヶ国語に翻訳、109カ国で紹介されとても人気のあるマネー本です。

 

すでに知っている人も多いのではないですか?

この話では、二人の人物を中心に話が進みます。

 

子供の頃は、金持ちというわけでなく高校も卒業していない「金持ち父さん

それに対しスタンフォード大学、シカゴ大学、ノースウェスタン大学などの一流大学で学んだ優秀な人間。なのに、「貧乏父さん

 

読者は、金持ち父さんの考え方を学ぶことで、お金の運用の仕方だったり、資産を手にするために自分が何をしていくべきかが明確になります。

 

長年人気を保ち続けているお金の本です。

大学生におすすめのお金の本2:お金2.0


現代、仮想通貨ブームが流行る中、これから経済の中心になるかもしれない”価値主義”について詳しく書かれています。

 

価値主義では、これからの経済で注目を浴びるのが人の内面的な部分であると語られています。

愛情、共感、信頼など実態のない曖昧な価値が大切になってくるということが書かれているのです。

 

例でいれば、Twitterやインスタのフォロワー数です。

目には見えないのに、信頼などが生まれます。

 

これからのお金の動き方を学べるいい教科書的な存在の本です。

就活を迎える大学生にいい刺激を与えてくれます。

大学生におすすめのお金の本3:お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方


この黄金の羽とは、「お金持ちになれる近道」のことです。

本では、「知識社会」がキーワードになります。

 

簡単に言えば、知っているということが強い武器になる社会です。

この知識社会の中で、お金持ちになるには何を”知っているべきか”が語られています。

 

大学生が読むことで、知識社会でどんな知識を持っておくべきか、お金持ちになるために選ぶべき職業がわかります。

就活が始まる前に読んでおきたい1冊です!

大学生におすすめのお金の本4:節約・貯蓄・投資の前に 今さら聞けないお金の超基本


「おさめる」「備える」「使う」など、お金に関することを満遍なく丁寧に紹介されている本です。

 

お金の機能や、価値、年金、他にも契約社員として働くか正社員の働き方など細かいところも述べられています。

 

学生のほとんどがお金について本当に理解できていると言えません。

源泉徴収とか、成人を迎えて変わる制度など学生にも身近なお金の動きが理解できます。

 

将来のために基本的なこと知りたいな、でも難しそうだからな・・・と考える人にピッタリです。

一家に一冊あっていい本です。

大学生におすすめのお金の本5:働く君に伝えたい「お金」の教養


この本のサブタイトルは

〜20代の新しいお金づきあい入門!〜です。

学校では学ばないお金の使い方を紹介しています。

大学生にもってこいの教養の本ですね!

著者である出口さんはライフネット生命の元社長です。

 

バブル時代の親とは異なる時代で生きてきた20代だからこそ、どんな生き方、お金の使い方があるのかが述べられています。

また、20代のうちから”お金に働かせる”理由が述べられています。

 

「知る」「使う」「貯める」「増やす」「稼ぐ」の5ステップでお金の知識を学ぶことが可能です。

大学生がお金に困ることなく生活していくために

お金を学ぶきっかけを見つけることができましたか?

 

大学生がお金を学ぶべき理由は、

  • お金の知識は長期的な資産になるから
  • お金の知識を知れば、稼ぐ力も身につくから
  • 誰からも教えられることはないので、時間のある大学生のうちに勉強しておくべきだから

あなたも共感できたなら、行動に移してみてください。

 

これだけは忘れないでください、大学生がお金を学ぶことには価値があります。

これから始まる社会人としての生活の中で、大きな資産になるからです。

 

あなたは、この記事を読み始めた時点で変わろうとしています。

 

ここでつかんだ人生を変えるきっかけ”を手放すなんてもったいないですからね。

きっかけを糧に行動してみませんか?

 

おすすめの読書の時間帯を紹介しています!

>>大学生が集中して読書ができる3つの時間帯とは 

 

最後までありがとうございました。

 

モリマチ @morimachi3




コメント

タイトルとURLをコピーしました