読書好きは見逃せない!ストレスフリーで読書を楽しむ方法とは

こんにちは、モリマチ@morimachi3です。

 

「うわ、雨じゃん。本買いいくの面倒だな」

「読みたい本はいっぱいあるのに、以外とお金がかかるんだよな」

なんてこと思ったことありませんか?正直、僕はよくあります。

 

できれば、お金や時間を気にせず気軽に本を読みたいですよね。

 

そこで、どうやらコスパがいい本の読み方があると教えてもらったので紹介していきます。

それは、Kindle Unlimitedという電子書籍サイトを利用することです。

 

Kindle UnlimitedはAmazonが運営している、電子書籍が読み放題できるサービスのことを言います。

 

「本を買いに行く時間、本のお金」

これらを気にせずに、ストレスフリーで読書できる環境を作れます。

 

一言で言うと、17万冊の本屋にいける「どこでもドア」です。

どんな場所からでも、この本屋にいけるのです。いける場所は限られてますが笑

 

Kindle Unlimitedを紹介していきます。

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

30日間無料体験できます!

Kindle Unlimitedの3つの利点

一冊の本を読むためには「本屋に行き、本を買う」という流れがあります。

僕は本屋に行くことが好きなので、別に嫌ではありませんでした。

 

ただ、例外はあります

大雨の日や風邪を引いた時など、どうしても外出できないときです。

あなたも雨の日わざわざ本屋に行く気力はありませんよね?

 

また、本も何冊も買っていると以外とコストがかかってしまいます。

本屋に行くと次から次へ読みたい本が見つかり、でもお金のことを考えるとストッパーがかかりますよね。

 

しかし、この2つのストレスがKindle Unlimitedとの出会いで嘘のようになくなりました

利点を3つ見つけたので紹介していきます。

17万冊の本が手の中に。

Kindle Unlimitedは17万冊の本が読み放題です。

正直17万冊って、異常な数字すぎて想像がつきませんよね。

 

一般的な本屋さんでも、数万程度しかおいてありません。

それが、Kindle Unlimitedでは17万冊が一つのデバイスに納まっています。

 

本の種類は和書と洋書があり、和書を細かく見ると

  • 文学・評論
  • 人文・思想
  • 社会・政治
  • ノンフィクション
  • 歴史・地理
  • ビジネス・経済
  • 投資・金融・会社経営
  • 科学・テクノロジー
  • 医学・薬学
  • コンピューター・IT
  • アート・建築・デザイン
  • 趣味・実用
  • スポーツ・アウトドア
  • 資格・検定・就職
  • 暮らし・健康・子育て
  • 旅行ガイド・マップ
  • 語学・辞事典・年鑑
  • 教育・学参・受験
  • 絵本・児童書
  • コミック
  • ライトノベル
  • ボーイズラブ
  • ティーンズラブ
  • タレント写真集
  • エンターテイメント
  • 楽譜・スコア・音楽書
  • 雑誌
  • アダルト

好きなジャンルを思う存分楽しむことができます。

 

17万冊の本を手に入れてみませんか?

 

では、17万冊の本を扱うのに、一体どれくらいの料金がかかるのでしょうか。

月額980(税込)というコスパの良さ

Kindle Unlimitedは、月額980円(税込)で17万冊の本が読み放題になります。

 

ただ読み放題サービスの利点で、本を読めば読むほど一冊当たりが安くなっていきます。

 

小説なら、1冊700円弱なので、2冊読めばお得。

コミックなら、1冊500円ほどなので、2冊読めばお得。

ビジネス書なら1冊1,500円ほどなので、1冊読むだけでお得。

 

「読みたい本が見つかるのに、お金を気にして買えない・・・」という悩みもKindle Unlimitedで解決することができます。

今日あなたが買おうとしている本がKindle Unlimitedの対象なら、本屋で買うのは”もったいない”です。

 

本を買い、知らぬまに損していませんか?

 

17万冊の本屋にいけるどこでもドア

Kindle Unlimitedは、スマホはもちろんPCやタブレットでも利用できます。

 

そのため、家にいても外にいても、どんな場所からでもKindle Unlimitedを利用できるのです。

 

雨の日だってわざわざ外に出なくても家でゆっくり楽しめます。

通勤・通学の隙間時間にも楽しめます。

 

また、あらかじめ本をダウンロードすることができます。

そのため、インターネット回線を気にせずオフラインでも読書することができるのです。

まさに、行き先が決まっている「どこでもドア」ですね。

 

本がすぐ読める環境を作りませんか?

 

こんないいところばかりあるのは逆に不安だと思うので、デメリットについても少しご紹介します。

Kindle Unlimitedの残念要素

Kindle Unlimitedで「少し残念だな」と感じた部分を2つ紹介していきます。

全ての本が読み放題なわけではない

対象の17万冊以外の本は、残念ながら読み放題ではありません。

例えば、コミックの新刊だったり、ベストセラーの本などは対象外なものが多いです。

 

Amazonに存在する電子書籍全てが読み放題なわけではないのでご注意を。

 

ただ、ファッション誌などの雑誌は、発売の翌週には読めるものも多いです。

雑誌を普段から購入している人は、Kindle Unlimitedかなりおすすめです。

読み放題対象のタイトルが対象外になることもある

読み放題作品だったのに、気づいたら対象外になっているということもあります。

 

また、定期的に「人気コミック無料キャンペーン」などを開催します。

キャンペーン期間中なら読み放題となるので、期間終了までに読まなければいけない場合もあります。

本来有料タイトルを無料で読めるいい機会なので、期間が決まっているのは仕方のないことです。

対象期間を気をつけましょう。

 

ただ、キャンペーン以外は1・2週間で対象期間が終了するなんてことはないので、気になる本があれば、「後で読もう」くらいの気持ちで大丈夫です。

 

Kindle Unlimitedで17万冊の本を手に入れよう

Kindle Unlimitedのメリットは3つ

  • 17万冊の本が手の中に
  • 月額980円(税込)でコスパがいい
  • いつでもどこでも利用できる

 

Kindle Unlimitedを利用することで、ストレスフリーで読書できる環境を作れます。

もう「本屋行くの面倒」「読みたいけどお金が・・・」なんてことがなくなりますよ!

 

と言っても、実際に利用してみないと感覚がつかめないと思います。

そのため、30日の無料体験をすることをおすすめします。

 

読み放題のタイトルも入れ替わりがあるので、お早めに。

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

30日間無料体験できる!

Kindle Unlimitedを利用して、いつでもどこでも本が読める生活を手に入れましょう。

 

Kindle Unlimitedで読める本を知りたい方は下の記事で!

>>Kindle Unlimitedで読めるおすすめのビジネス書5選 

最後までありがとうございました。

 

モリマチ@morimachi3

コメント

タイトルとURLをコピーしました